EX-TRAFIRE®(エクストラファイア)製品

サーマカットは、EX‑TRAFIRE®(エクストラファイア)と呼ばれる独自のプラズマ電源を開発しました。 ユニークなデザインで、すべて強力で、用途が広く、操作が簡単で、耐久性があり、持ち運びに便利です。

EX-TRAFIRE®(エクストラファイア)ブランドは、金属板の切断に適したプロ仕様のプラズマ電源です。 電源は、産業、小規模生産作業およびワークショップでの使用に完全に適用できます。 それらはアートで使用することもできます。

サーマカットによって設計されたEX-TRAFIRE®(エクストラファイア)プラズマ電源には、当社が非常に誇りに思っている幅広い利点があります。 電源とトーチは、最高の品質基準を満たし、最適な切断品質と速度を提供するように設計されています。

プラズマを使用したハンド式またはマシン式切断用の製品および技術。 ニーズにぴったり合った適切なプラズマ電源を選択してください。

適切なプラズマ電源を選択するための基準

他の多くのツールやデバイスの場合と同様に、材料の切断には正しいタイプのプラズマ電源を選択することが重要です。 適切な電源を選択するときは、いくつかの重要な基準を考慮することが重要です。

* まず、ハンド式切断またはマシン式切断にプラズマ電源が必要かどうかを検討します。 * 切断される材料の最も一般的なタイプは、2番目の基準です。 たとえば、黒鋼、アルミニウム、ステンレス鋼、ハードオックスなど。 * 3番目の基準は、デューティサイクルと呼ばれる電源の予想される連続動作時間です。 * 最後に大事なことですが、切断する素材の厚さを考慮する必要があります。

Scroll down for more

 

EX-TRAFIRE®40SD

軽量でパワフル

製品の詳細を確認する

EXTRAFIRE® SD製品群の概要

EX‑TRAFIRE®(エクストラファイア)プラズマ電源の利点

統合グリッドモード

当社のすべての電源は、統合されたグリッドモードを備えています。これは、パイロットアークとメインアークの間の自動切り替えを意味します。

より高い電源出力

たとえば、「エクストラブースト」機能のおかげで、EX-TRAFIRE®75および100SDプラズマ電源は、最大220VDCの値の入力トーチ電圧を供給することができます。 電極と切断された材料の間の電圧が高いほど、アークは消火されたりパイロットアークに切り替えられたりすることなく長く実行されます。 これにより、手の届きにくい場所での切断や、競合他社の電源よりも厚みのある材料の切断が可能になります。

100%デューティサイクル

プラズマ電源のデューティサイクル(DZ)は、電源が過熱することなく、総稼働時間に対する最大可能な切断時間の比率を表す基本的なパラメータの1つです。
EX-TRAFIRE®75SDは100%のデューティサイクルを備えており、当社の電源だけでなく、競合する電源の間でもフラッグシップとなっています。 それらは通常、フルパワーで80%のデューティサイクルしか備えていません。

軽量

当社の電源は、競合する電源よりもかなり軽量です。 EX-TRAFIRE®75SDの重量はわずか24kgです。

安全要素

EX-TRAFIRE®(エクストラファイア)電源は多くの安全要素を備えています。 最も重要なのは、システム起動後のセルフチェックです。 トーチの安全要素には、「キャップセンサー」、部品間の短絡のチェック、電源投入時にトーチスイッチが押されていることのチェックなども含まれます。

ガウジング機能

EX-TRAFIRE®75SDおよび100SDはガウジング機能を提供します。 溶接前の材料の準備や欠陥や古い溶接の除去に使用されます。

簡単な手動セットアップ

オペレーターは、回転式スイッチを使用して独自の切断パラメーターを設定できます。

素早く簡単な組み立て

特許取得済みのトーチ接続システム(TCS)により、電源の組み立ては迅速かつ簡単です。

 


印刷   メール